東京都府中市 リハビリテーション病院 職員からのメッセージ

患者さんと共に最後まで諦めず、成長していく

私達理学療法士は、患者さんの基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、および障害の悪化の予防を目的に、

「自立した生活や理想の生活」が送れるように支援する専門職です。

私達の仕事は、患者さんの医学的情報・生活状況などの情報を他職種と共有し、専門職としての客観的な評価を行う

ことから始まります。リハビリは日中の訓練だけでなく、早番・遅番でのケア業務も行い、より患者さんの生活に密着した

理学療法を提供しています。また、自宅訪問での生活環境調査や退院後の介護態勢の提案をさせて頂く事もあります。

職員からのメッセージ

患者さんそれぞれに個別のニーズがあるため、患者さん・ご家族の考えや

希望から「いつ、どこで、誰と、何がしたいか(必要か)」を把握し、少しでも

理想の生活に近づけるようサポートして行きます。

患者さんの理想の生活に近づくためのリハビリは、立つ練習、歩く練習と

いった、いわゆる「運動」だけではありません。常に困っている事・やりたい

事を共有し、退院後の生活像について一緒に考えていきます。

患者さんの理想の生活への復帰が、理学療法士にとっての成長と喜びになります。

「歩いて家のトイレに行けるようになりたい。」、「友達がいる習い事にまた通えるようになりたい。」

そんな希望を叶えるため、理学療法士は患者さんやご家族の気持ちに寄り添い、

患者さんと共に最後まで諦めずに成長していく仕事です。

理学療法士 主任  守屋 司

TOPに戻る